トップページスタッフブログ不動産スタッフブログ
menu

不動産スタッフブログ

伊勢参り

[ 2015/12/10 ]

不動産部の原です。

今回は12月5日6日と友人3人で忘年会を兼ねて

二見浦と伊勢神宮内宮へ参拝に行ってまいりました。

 

いつもはバスの旅が多いのですが 今回は電車とバスで行く事にしました。

1日目は二見が浦の夫婦岩

 

御祭神に猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)を祀り、縁結び・夫婦円満・交通安全などにご利益のある神社。

 

宿泊したホテルは夫婦岩まで徒歩で行ける所でした。美味しいお酒と料理を頂きながら

成長した子友達の話で盛り上がりました。

 

2日目は 伊勢神宮 内宮の参拝をしてきました。

 まだところどころ紅葉の名残があり、とても綺麗でした。

皇室の御祖先の神である天照大御神がお祀りされています。

垂仁天皇の26年(紀元前4年)に、神路山・島路山を源とする五十鈴川の川上にご鎮座された『日本人の総氏神』です。

 

      

宇治橋【うじばし】
聖界と俗界との架け橋といわれる宇治橋は、五十鈴川に架けられた全長101.8mの純日本風木造反り橋。宇治橋の外側と内側に立つ鳥居は、外宮・内宮それぞれの旧御正殿の棟持柱(むなもちばしら)が使われています。
 
御正殿【ごしょうでん】
「唯一神明造」(ゆいいつしんめいづくり)という日本古来の建築様式を伝える御正殿。屋根は萱葺きで、10本の鰹木(かつおぎ)がのせられ、先端が水平に切られた4本の千木(ちぎ)が高くそびえています。
唯一神明造は檜の素木を用いて高床式の穀倉の形式から発展したものといわれ、現在まで脈々と受け継がれています。
 
五十鈴川御手洗場【いすずがわみたらし】
参拝をする前に五十鈴川の清流で心身を清めるところです。

 あっという間の 二日間でした。

 

 

 

     

 

このページの先頭へ